MENU

審美歯科(セレック)

セレックとは

セレックとは、オールセラミックスで補綴物(被せ物や詰め物)をつくるシステムの1つです。
従来の方法は、歯科技工士がセラミックスの粉を盛り、焼いてつくっていました。
そのため、長い製作時間と技工料がかかり、高い治療費を要しました。
しかし、現在当院が導入しているセレックACは、口腔内の形態をコンピューターに取り込み、プログラム上で設計し、その設計通りにミリングマシーン(削り出し機械)がセラミックのブロックを削り、できあがったものを歯科技工士と歯科医師が仕上げるという新しい技法です。
そのため、最短1日でできる審美歯科として、ご好評いただいております。

この装置の導入により、特殊なケース以外は高い品質を保ちつつ、従来よりもお手頃なお値段でオールセラミックスの補綴物を提供することが可能となっています。

セレックの特徴

セレックでのセラミック治療は、従来のセラミック治療と比べ多くのメリットがあります。

  • セラミック治療では、歯型を取るためにピンク色の粘土のようなものを一定時間噛んでいました。これを不快に感じていた方は多いのではないでしょうか。
    しかし、セレックでは専用の光学カメラで撮影し、コンピューターで読み取るのでそのような心配がありません。

  • 歯科技工士が従来の方法で作製する補綴物は、その日の気温・湿度・技工士の体調などの影響を受けます。
    セレックは専用のセラミックブロックの塊を削り出すので、一定の品質を保った補綴物を作製することができます。

  • セレックでは、撮影したデータをコンピューターで設計し、その場で詰め物や被せ物を削り出すので、スピーディかつ正確な作業が可能です。そのため、患者さまにピッタリ合った技工物が最短1日で完成します。
    ※ケースによります。

  • 金属は海外の情勢や、時期によって相場が変動します。そのため、補綴物に金属を使用する場合でも、価格や金属の含有量に変化がある場合があります。一方セラミックは安定した供給があり、金属を含んでいないため価格が安定しています。

セレック治療の流れ

1.詰め物・被せ物の除去

それまで使用していた詰め物や被せ物を取り除きます。

2.形成

むし歯がある場合は削ります。
また、セレックの詰め物・被せ物が合うように、歯の形を整えます。

3.光学印象

専用の光学カメラで歯の形を撮影します。
従来のような型取りは行いません。

4.設計

光学印象で得た情報を基に、コンピューター上で補綴物の形を設計します。

5.削り出し

コンピューターで設計した情報を基に、専用の削り出し機械がセラミックブロックを補綴物の形に削り出します。

6.試適・咬合調整

できあがった補綴物をお口の中にあて噛み合わせの状態を調べます。
必要があれば補綴物を削って調整します。

7.接着・研磨

噛み合わせに問題がないようであれば専用の接着剤で補綴物を固定し、キレイに磨きあげます。

8.完成

完成です。天然歯とも見分けがつかないくらいキレイになります。

1各種診療のご案内
2医療費控除
3審美歯科
5ほんだ式口臭治療
6歯周内科治療
6歯周内科治療
お問い合わせバナー