MENU

歯を上手くケアするコツ

綺麗に磨くポイント

歯ブラシは、鉛筆を持つように持つことが大切です。わしづかみで歯ブラシを持つと磨く力が強くなりすぎてしまい、痛みを感じたり、歯肉や歯茎を傷つけてしまったりする恐れがあります。優しく磨いてもしっかりと汚れを取り除くことは可能なので、是非意識してみてください。

また、歯を磨く際は歯ブラシのつま先、わき、かかとなどの毛先を上手く使い分け、1本1本丁寧に磨くようにしましょう。奥歯の後ろ側や小さな凹凸部分はつま先、歯のつけ根や前歯の横はわきの部分、奥歯の手前側や前歯の裏側はかかとなど、毛先を上手く使って磨くことで、プラークを綺麗に落とすことができます。上手く磨けているか判断が難しい場合は、歯垢染色剤を使ってプラークを染めてみるといいでしょう。染めることで、どの程度プラークが付着しているのか見て分かるので、自分の磨く癖などが分かります。ちなみに歯垢染色剤は、衣服につくと落ちにくいので扱う際は注意してください。

歯ブラシ以外のアイテムも活用

歯ブラシだけで、プラークを完全に落とすことは難しいので、デンタルフロスや歯間ブラシなどのアイテムを活用することも大切です。デンタルフロスは、歯と歯の間の汚れを綺麗に落とすことができるアイテムで、歯の隙間が狭い方におすすめです。歯の隙間が広い場合は、歯間ブラシを使用するといいでしょう。歯間ブラシは、ワイヤーに細かいナイロンの毛がついたアイテムで、I字型とL字型などが存在します。長さも色々とあるので、自分の使いやすいものを選びましょう。

歯を健康に保つためには正しいオーラルケアも重要ですが、歯科院に相談をすることも同じくらい重要です。
青森で歯科院をお探しなら、予防歯科を行っているミドリデンタルクリニックにご相談ください。歯ブラシの使い方や虫歯歯周病の予防など、健やかな歯を保つお手伝いをいたします。また、ミドリデンタルクリニックはホワイトニングも行っております。ホワイトニングはヤニや黄ばみを落とす方法として適しています。予防歯科やホワイトニング、料金に関する質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。