MENU

口臭の原因

口臭が発生する原因は、主に4つに分類することができます。原因を知ることは、これから口臭の治療を受ける方はもちろん、これから予防をする際にも役立ちます。

生理的な原因

朝目が覚めたときやお腹が空いているとき、何らかの出来事によって緊張をしているときなど、唾液の分泌が減ると口臭がする場合があります。口の中にある唾液は、洗浄や殺菌の機能があり、必要な量分泌することで、細菌を抑制しています。唾液が少なくなってしまうと、プラークや舌の汚れ、食べカスなどが細菌によって分解され、その結果ガスが発生し臭ってしまいます。

内因的な原因

まわりの人は感じていなくても、本人だけ口臭を感じる場合があります。その場合はストレスや精神的に不安定なことが原因で、口臭があると思い込んでいるからかもしれません。そのような状態を放っておくと、自臭症と呼ばれる病気に発展する可能性があります。口臭は数値化することができるので、心当たりがある方は歯科院で測定をされてみてはいかがでしょうか。

外因的な原因

ニンニクなどの臭いがある食べ物は、悪臭の原因となります。ニンニクには、悪臭の原因成分であるアリルメチルスルフィドが含まれています。アリルメチルスルフィドは、尿や汗から排出されますが、食後かなり長い時間他人が感じるほどの臭いを残してしまいます。また、アルコールと喫煙も悪臭を発生させる原因となります。アルコールと煙草には、アセトアルデヒドと呼ばれる悪臭の元となる成分が含まれています。どちらも本人には気づきにくい臭いなので、臭いのある食べ物を食べたあとやお酒を飲んだあと、喫煙後は意識的にオーラルケアを行うとよいでしょう。

病的な原因

虫歯や歯周病、口内炎、扁桃炎、慢性気管支炎、糖尿病などの病気にかかっている場合は、それらが原因で口臭を感じることがあります。特に虫歯と歯周病は口臭の原因になりやすいので、普段から虫歯や歯周病にならないように心がけることが大切です。正しい歯磨きはもちろんですが、定期的な予防歯科検診でより確実に原因を減らせます。

口臭のことでお悩みなら、青森市にある歯科院ミドリデンタルクリニックをご利用ください。ミドリデンタルクリニックは、ほんだ式口臭治療を得意とする歯科院ですので、口臭にお悩みの方の役に立つことができます。また、抜かない・削らない子供でも安心な無痛治療ホワイトニングなど、他にも様々な治療を行っております。青森市を中心に近隣の皆さまから愛されるクリニックとして治療に努めてまいります。