MENU

インプラントについて

インプラント治療は、天然の歯とほとんど変わらない感覚で、食事や会話を楽しむことができるようになる治療法です。
ここでは、そのインプラントについてご説明します。

インプラントの寿命

インプラントの累積残存率は10年といわれ、9割以上がその10年を超えています。適切なメンテナンスを継続すれば、10年以上使い続けることができます。
インプラント治療を受けた患者さんの中には、亡くなるまで40年以上、何の問題もなくインプラントを使い続けたという例もあり、長期の臨床実績もあります。
インプラントは、適切なメンテナンスを継続して行えば、半永久的に使うことができる「第二の永久歯」と言われています。

インプラントの治療期間

インプラントの治療期間は平均して約3~10ヶ月といわれています。何故ここまで時間がかかるのかというと、インプラントを定着させるためです。
インプラントは顎骨に穴を空け、器具を埋め込み、人工歯を歯茎の中に埋めます。その後に定着期間として時間を空けて、定着した後に連結箇所を繋いで人工歯をかぶせるというプロセスで治療を行います。インプラントの治療は他の治療と比べると長いということを認識して置きましょう。

インプラント治療後に注意すること

インプラント治療後に注意することは、インプラントのメンテナンスです。インプラント自体は虫歯になることはありませんが、歯垢やプラークが歯周ポケットに溜まってしまいます。そこのケアを怠ることが、インプラントの歯周炎やインプラント粘膜炎といった症状が引き起こしてしまいます。
これが、インプラントをダメにしてしまう原因になるのです。インプラントの治療後は歯ブラシなどのケアをしっかりと行い、歯科院で定期的に歯垢や歯石を取ってキレイにしておくことをおすすめします。インプラントは今までの天然に近い歯を取り戻すことが素晴らしい治療法です。
治療後は、しっかりとメンテナンスを行いましょう。

青森県にありますミドリデンタルクリニックでは、インプラント治療を行っており、インプラント治療に関する料金の相談にも応じます。
他にも、痛みの少ない虫歯治療など、様々な歯の治療を行っております。青森県でインプラント治療や虫歯治療をお考えの方は、ミドリデンタルクリニックをご利用ください。