MENU

喫煙することで高まる歯周病のリスク

喫煙は心筋梗塞や肺がんなど様々な病気の原因となりますが、歯の病気である歯周病の原因にもなります。こちらでは喫煙が歯周病にどのように関わっているのかをご紹介いたします。

そもそも歯周病とは

歯周病は細菌の感染によって、歯肉や歯槽骨などの歯周組織が破壊されていく病気です。歯の根元の表面にあるセメント質と歯の周りにある歯槽骨の間には、歯槽膜と言う繊維が繋がっていて、歯と骨を固定しています。これらの歯槽膜を含む歯周組織に歯垢が蓄積することで、歯周組織が破壊され最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は日本人の多くが罹っている病気で、生活習慣が原因となる生活習慣病のひとつです。

喫煙が歯周組織に与える影響

タバコの煙に含まれるニコチンと一酸化炭素は、歯周組織に大きな影響を与える有害物質です。ニコチンは強い血管収縮作用を持ち、血流を悪くさせます。
血流が悪くなると唾液の分泌が減るので、歯周病の原因となる歯垢や細菌が増えやすくなります。

また、出血量も減るので歯周病が進行していても発見が遅れてしまうのです。更には一酸化炭素がヘモグロビンと結合することによって、歯肉が酸素・栄養不足になり栄養失調状態になります。栄養失調状態になると歯肉の活性化がされづらくなり、治りも遅れてしまいます。

受動喫煙の影響

火のついたタバコから出る副流煙には、喫煙者が吸う主流煙に比べより多い量の有害物質が含まれています。この副流煙を吸い続けることで、喫煙者と同じように歯周病になる可能性が高いです。受動喫煙はタバコを吸う方のご家族に多く見られ、保護者の喫煙が子供の歯周病の原因となっている場合も少なくありません。
禁煙することが一番の近道ですが、まずは歯医者に相談してお子さまの歯周病を予防することが大切です。

喫煙は歯周病のリスクを高めますが、早期に発見して治療すればそこまで怖い病気ではありません。そのためにも定期的に歯医者に通い、口内環境を整えることが重要です。

青森市にあるミドリデンタルクリニックでは抜かない・削らない無痛治療である予防歯科を行っております。予防歯科は歯周病や虫歯になったら治療するのではなく、お口の健康を維持する歯科スタイルですので、歯医者が怖いお子さまでも安心して診療を受けることができます。予防歯科以外にもホワイトニングや口臭治療も行っておりますので、青森市にある歯医者をお探しでしたらぜひ、ミドリデンタルクリニックをご利用ください。